FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 13  
最近の米国債の下落(金利は上昇)で、

相当大多数のファンドが含み損を抱えています。

それはそうでしょう。


今まで米国債は最も安全な投資先として

世界中から資金を集めてきたのですが、

あまりの短期間の下落に

いわゆる「高値掴み」のファンドなどが

売るに売れない状態になってます。

ずっと持っていればいい国家と違って、

ファンドなどは毎年決算があるので

どこかで損失を確定しなければなりません。

しかも今後QEが縮小の方向となると、

値上がりを期待する訳にもいきませんし。


そして「その日」がやって来ます。

あるファンドが耐え切れず損切りの

大量売りを出して金利が急上昇。

その他のファンドのストップロスを巻き込み

金利が暴騰します。

ファンドは損失の穴埋めをする為に、

利益が出ていたポジションを手仕舞いします。

しかし利益の出ているポジションは

先進国の株くらいしか無いのが現状です。

ファンドも苦しいんです。

当然広範囲のポジションに影響がでます。

巻き戻しを狙ったドテンの注文も入り、

相場は一気に一方方向へと動きます。


そしてその日は「○○ショック」とか

「ブラック○○」とかの名前がついて

相場を語る上での記念日となります。


そこまではシミュレートできているんですが、

問題はそれが「いつか」って事ですよね。

当然今年中には起きるはずなんですが。

一つの目安が金利の3%突破と言われていますがね。

そうなったらドル高、円高、株安は当然として、

金、原油も安くなる?コモディティは?

この辺が全く分かりませんが、

通常は買いポジと考えて、

やっぱり売りが優勢となるんでしょうか?
スポンサーサイト
NEXT Entry
感心しますね
NEW Topics
全くもって残念ながら
残念ながら
感心しますね
想像
寸止めですか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。