FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 15  
最近の大きな円安・ドル安・ユーロ高、

日経・ダウ等の株式市場の大幅な値上がり。

これらがいつまで続くのかは当然分かるはずがありません。

しかし経済評論家やアナリストなどからは、

「今は過度な円高が是正されただけだ」

「今後は100円を越して120円を目指す。」

「日経は20000円を目指す」

などの発言が相次ぐ事が多くなり、

まるで株高や円安がどこまでも続くような発言が目に付きます。



と、これだけを見ても、これ以上円安になったり株高になるのには

相当なエネルギーが必要なんだろうなと感じます。



高値を買って更に高値で売る。

これは理屈としては正しいですね。

ではここから実際に誰が更なる高値で買うのでしょうか?

既に海外勢は買いポジションを持っている。

国内勢も外貨に大きく偏った投資はしないとの報道も。

個人も既に買い越しに転じている。

高値で買ったはいいけど、その後に続く’誰か’が居ないと

単なる高値掴みで終わります。



なぜこんな事を今更考えたのか。



「金曜の下げで押し目だろうと思い買った」

というブログがあまりにも多かったからです。

押し目ならこれから上がるでしょう。

しかし、もしここから買い手が現れなかったら……

だらだらとストップが続く展開も容易に想像できます。


アベノミクスなどという言葉に惑わされていないで

客観的に事象を見れば、

むしろ当然あるべき展開だと思っているのですが。
スポンサーサイト
NEXT Entry
まさかとは思いますが
NEW Topics
全くもって残念ながら
残念ながら
感心しますね
想像
寸止めですか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。