FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 07. 07  
金曜の雇用統計には裏切られた。


果たしてそうでしょうか?

そんな事を言っている人を見ると、

勝てないってこういう事だよな…と思います。



裏切られるのは期待しているから。

何に期待していたのでしょう?

それは紛れも無く、

「経済が回復(好調)で雇用も増えている」

はずだという事。



株価は現在に先行して買われる傾向にあると言われます。

ダウは数年間買われ続けてきました。

歴史的高値にあります。

しかしこの数年で経済の環境が良くなったと

思える経営者はどれだけいるでしょうか?


過去は株価が先行指標の役割を果たして来ましたが、

ほぼ全世界で量的緩和状態だと

物的経済よりマネーゲームにお金が流れてしまい、

お金が流れ込む(=買われる)ところに一気に集中し、

逃げる時も一気に逃げる。これを繰り返しています。

最近ではブラジルの状況がそうでしょう。



ダウもゴールドもチキンレースなのです。

今となっては実需が背景に無いのです。


雇用統計で悪かった。確かに悪かったのでしょう。

しかしそれは期待が大きかったから。


通常株は「買い」です。

利益が出た時にだけ「売る」事を考える人が殆どです。

これだけ株価が上がっているという事はもう既に

「高くなった株を売る理由が欲しい」人が大勢いる

という事を認識せざるを得ません。



雇用統計が悪かったから売られた?

いいえ良くても売られていたでしょう。

その時は「噂で買って事実で売る」と

まことしやかに言われるだけです。



株はまだ高値から落ちてはいませんが、

為替はそれなりに売られています。特にユーロが。

先週までまた期待買い相場が展開されていたので、

昨日かなりの買いがストップになった事でしょう。

しかしそうなった殆どの人は、

多分また同じ事を繰り返すでしょう。

これはもう習性と言っていいと思います。



勝ち組は期待買いをする人に支えられている

……と言っても過言では無いと思ってます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
体力の限界
NEW Topics
全くもって残念ながら
残念ながら
感心しますね
想像
寸止めですか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。